SOUTH

2017年9月25日月曜日

ぶっ飛んでるね

VOLCOMはやることがぶっ飛んでる


2017年9月21日木曜日

SUPで波乗り

ロングボードでも「ン〜😅」て極小波にもSUPは楽に乗れてしまうんです 写真はトランクスにTシャツでまだ常夏気分な私の妻です まだ水温高いです
ロング持って来たのですが急いでお店にSUP取りに行きこんな感じです 
当スクールでは体験後のステップとしてSUP波乗りコースというのもあります
*SUPは波に乗れ過ぎてしまうのでマナー守って楽しみましょう

2017年9月18日月曜日

スタイル

今日は、、とあるポイントでSOUTHをオープン当時から知る最近仕事で忙しい
ある男と待ち合わせて久しぶりに波乗りしました
そんな2人の使用ボードはGRACEのQちゃん&ハードロックモデル
背中バキバキな楽しいセッションでした
疲れたね〜

さて話は変わりまして
こんな動画見つけました
ハイパフォーマンスコンペティションシーンで活躍する
Jordy Smith​, Matt Wilkinson​, Sebastian Zietz​, Conner Coffin​
といった世界トップランカーによるレトロツインセッション!

うまい人は何乗ってもうまいんですね。。
スタイルもオシャレすぎます
あんな風に乗れたらな〜
この波でやりたい!




2017年9月12日火曜日

物欲の秋

あ〜たっぷりサーフィンしたい。

SUP! SUP! SUPスクール!が夏場のお決まりになってましてあまりサーフィンできないくらいSUPスクールです。大分落ち着きましたが。

これ、ありがたいことですし内房の穏やかな海をSUPで楽しんでもらいたいと言う思いから取り組み始めたことなので嬉しくも思います。

しかしワタクシ決してSUPオンリー屋さんではございません。(笑)

サーフィンも本業だと思っております。(笑)

16から始めたサーフィンでの経験・知識がSUPスクールやる上で大いに生かされてると自負しております。
ガッツリサーフィン人生歩んできたお陰です。(笑)

だからSURFINもSUPも本業です。(笑)

あまり波の良くないサマーも終わり、これからが真の波乗り道場シーズンになりますね。

秋の物欲。

サーフボードが欲しくなります。(笑)

「冬やらね〜ヤツはウマくならね〜」とはよく言われたものです。

これホントだと思います。

ワタクシも以前は、ハイロッカーで尖ったボードでバチバチに真冬も過ごしておりました。
これまたイイ経験だったと思います。

でも今はサーフボードチョイスの自由化?が進み思い思いのボードをチョイスする時代です。

ちなみにワタクシは楽しいをテーマに選ぶ様にしています。
何でも乗ります。(笑)

ここまで長くなりましたが、今日は数あるボードの種類の中から以前Blueの企画でインプレッションさせていただいた2つのモデルを再度ご紹介いたします。

http://www.blue-mag.com/impression/travis-reynolds-fresh-juice/
http://www.blue-mag.com/impression/andreini-vaquero/

参考までにご覧ください。
トラビスの同モデル在庫あります。笑


2017年9月7日木曜日

サンセットクルージング


SUPは膝位の水深があればどこへでも行けてしまいます(笑)
先日、サンセットクルージングコースのご予約いただき久しぶりに
ワイルドな場所に行ってきました!

ここ最近の写真の背景に度々映るあの島が目的地です。
刻一刻と沈む太陽に合わせる様に出発です。
大丈夫です。
時間はたっぷりあります。
ゆっくりまったり行きましょう。


いよいよ近づいてきました!
絵になる写真ですね。

出だしの写真の場所です。
クウォリティー低いデジカメで撮ってもこの透明度。
そしてワイルドロック。

おおぼっけの穴の向こうはオレンジに染まり始めた。
なんかいいフレーズだね(笑)

海の上番スタンドバイミー(笑)
すみません。写真見た瞬間の直感で言っただけで意味はありません(汗)
スタンドバイミーったらワタクシにとっての青春ソングはコレ!
ペニーワイズ・・
話がそれるので下に貼り付けときました(笑)
VOLCOMがまたよく似合うこと。

どんどんオレンジの範囲が広がっていく中、まったりしてから終了。
千葉・南房総・内房・UMI to YAMAサンセットクルージング
超オススメです!

お子様と楽しむマリンスポーツ

愛犬と乗るSUP DOGスクールも

オススメ満載でお待ちしております!(笑)

スクール用のレンタルウェットスーツ10着ほど新調いたしました!

今週末もスクールの為、鋸南・勝山のUMI to YAMAにいます!



さあワタクシはどこにいるでしょうか